初級者の金策

全くの無一文からはじめることを前提として書きます。初級者の場合、最初は金策のことなど考える必要はなく、まずは新参者、中級クエストとこなしていけばいいかと思います。

そして金策についてはレベル50くらいからぼちぼちと考えていけばOKです。

では中級クエが終わったと仮定して金策について考察していきます。

①力の源

これは天下夢幻の章から実装された軍神強化のアイテムです。現在は「力の源・六」が主流かと思います。入手先は安土の特別依頼「御札の力」です。他の依頼からも入手できますが、これが一番人気であり冒険版の募集もかなり多いです。

この依頼達成により力の源・六が40~48入手できます(ボスが天狗の場合)。力の源・六の相場が1つ当たり130貫ほどですので、1回行くことで5000~6000貫の収入になる計算です。時間もだいたい10分から20分ほどなのも人気の理由でしょう。

ただし、過去に人気があった特別依頼の「歴史探訪」と違って戦闘が入りますので、それなりのレベル、装備が必要となってきます。レベルは60以上ないとそもそも依頼を受けられませんので、ます60にあげること。装備は御恩装備でもいけると思いますが、盾職だとちょっと厳しいかもしれません。盾1構成が多いと思いますので、生命は1万くらいは欲しいところです。

②緋色の羽・領国産の羽

これは領国銀と交換することで得られるアイテムです。緋色の羽は領国銀1枚で交換できるので手軽です。領国産の羽は領国銀10枚使いますが、主力装備の材料なのでよく売れます。生産材料全般にいえますが、生産者は大量ノックしますので、まとまった数で出すほうがよく売れます。また、まとまった数のほうが最安値で売らなくても売れるので、売るときはある程度数を揃えて売るのが得策です。

③城下町評点

これは自分の城下町の城主補佐に話しかけることで、アカウントごとに1日1回もらえるポイントのことです。この城下町評点でアイテムと交換することができます。

今(2017年春)現在は魔輝晶・拾壱と交換して楽市で売るのがお得かと思います。城下町評点15000点(150貫相当)で1つ交換できますが、楽市で売れば1つ500貫程度になります。

④宝玉

陸海空ゾーンでドロップする宝玉を楽市で売ることで金策となります。特にワダツミの宮(海2)でとれる破凝の宝玉、眩迷の浅瀬(海1)でとれる破痺の宝玉、不入山冥境(陸2)でとれる破毒の宝玉は高値で取引されています。

ただし、入場条件がありますのでそこだけは注意してください。徒党に入ったはいいが中に入れないということがありますので。

金策とは関係ありませんが、一応陸海空ゾーンの入場条件だけ記しておきます。

  • 龍隠門(陸1):レベル45以上、徒党員3人以上。
  • 不入山冥境(陸2):陸1クリア(鎧剛鬼、獏神撃破)
  • 眩迷の浅瀬(海1):陸1クリア
  • ワダツミの宮(海2):海1クリア(一角大馬、大海王撃破)
  • 扶桑の森(空1):陸2クリア(魔鬼、禍神の使い、魔龍撃破)及び海1クリア
  • 天の雲嶺(空2):空1クリア(国之狭霧神、天之狭霧神、叢雲大蛇撃破)及び海2クリア(氷結魔人、水神王撃破)
  • ⑤生産材料

    初期に生産できる材料を売る金策のことです。利益は多くはありませんが、堅実性があります。

    ⑥軍神

    2016年6月現在で90近い数の軍神があります。中には高価格で取引されている軍神もあるので、それを狙いに行くというのも1つの金策手段になります。

    初級者の場合には、安土のもののふ道場クエストがおススメです。一応ボスではありますが、強さ的にはたいしたことありませんのでレベル60を超えていれば十分倒せます。

    中でも羊頭の悪魔の討取の証から出る「宇迦之御魂」、暴食の大海王の討取の証から出る「保食」、死霊大蛇の討取の証から出る「天鈿女」「邇邇芸」、金山彦神の討取の証から出る「金山姫」、土雷の討取の証から出る「闇淤加美」などは、人気があり高価格で取引されています。詳しい価格情勢はこちら

    また、定期的にやるイベントでの報酬でも、高価格軍神を手に入れるチャンスはあります。最近だと、東西戦での「埴安彦」などがそれにあたります。2016年6月17日の調査では最安値で35万貫という価格がついていました。

    軍神はドロップで取れるものが多いので、運任せなところはありますが、狙ってみる価値はあると思います。

    ⑦籐太の秘宝

    これは陸奥フィールドのNPCの中に稀に混じっている場合があります。これを倒すと「奇跡の水晶玉」が人数分ドロップとして出ます。中には20万貫という大金が入っています(週1制限あり)

    弱小NPCからも出る可能性があるので、初級者でも十分狙えますが、出現自体かなり稀なのでかなり根気がいります。

    ですから、私個人的にはあまりおすすめできませんが、たまに出現したら救援を出してくれるプレイヤーもいますのでそのおこぼれを狙うというのもアリです。

    コメントを残す