稼業で金策を試みる

あけましておめでとうございます。

ようやく1つ稼業のレベルが70になったので、さそっく生産してみました。

今回レベル70にしたのは具足師です。具足師は侍、鍛冶用の鎧と兜、籠手の生産ができます。鎧鍛冶の生産潜在が100ちょっとでしたので、スタートはレベル38からとなりました。そこから稼業レベルに合わせて炎鳥(推奨レベル40)>改装具(推奨レベル50)>夢想の筋兜(推奨レベル60)とノックして70まで上げました。私の場合はちょこちょことレベルを上げていきましたが、やろうと思えば1日でも上げられそうな感じでした。

ただ緋色の羽や金箔束を大量に購入したので、そこそこお金がかかってしまいました。それと職人装備ですね。これも価値33のものを全部購入しましたので、結局スタートするまでに30万~35万貫くらい使ったと思います。今回は具足職人で揃えましたが、兜や籠手作るのにもまた職人装備揃えないといけないんですね。。

そういうことで何とか使った分を取り戻さねばと意気込んで生産開始。

生産したのは尚武の具足鎧です。基本防御値は130なので、これまでの感じですと1.5倍で195、1.6倍で208まで上げられそうです。ただ生産潜在がなくなったので1.6倍までいくのか、それとも1.6倍以上になるのかはまだわからないです。

とりあえず防御値195を超えたら入魂奥義しようと思っていたのですが、これがなかなか出来ない。まだ100ほどしかノックしてませんが、195を超えたのは1つだけ。結局これと180後半から190前半のもの3つ、そしてレベル上げでいいものができた夢想の筋兜2つを入魂奥義することにしました。ご存知の通り、入魂奥義は1日3回しかできませんので3日にわけてようやく全部終了しました。

さて入魂奥義ですが、最初はいきなり入魂奥義してたのでろくなのが出来ず。。2回入魂してから最後に入魂奥義するようになってようやく市で並んでるような数値に近づけるようになりました。生命255腕17魅9その他おまけ少々、これが私の現状の最高作品です。これを6万貫で売却。本当はもう少し高値で出してたのですが、3日たっても売れなかったのでメンテを機に値下げしてようやく売れてくれました。

結局現在のところ、売れたのは4品で売り上げは98000貫となかなか厳しいスタートになってしまいました。現在の相場ですと、尚武の具足鎧は1ノック1400貫ほどかかりますので、100ノックで14万貫ほどかかったことになります。意気込んで生産したものの、かえって赤字が広がる結果になってしまいました。まあ、入魂奥義のことよくわかっていなかったっていうのもありますし、仕方ないですね。1ついいものが出来ると一気に黒字化する範囲の赤字ですので、もう少し頑張っていきたいと思います。

コメントを残す